妊婦が積極的に摂取すべき葉酸とは?

厚生労働省の発表では、妊婦は食事から480㎍の葉酸を摂取することが推奨されています。これは、通常の成人の1日の推奨葉酸摂取量が240㎍ですから、およそ2倍ということになります。なぜこんなに多くの葉酸が妊婦には必要なのでしょうか。今回は、妊婦に葉酸が多く必要な理由とその働きについて紹介します。

葉酸とは?

葉酸は、水溶性ビタミンに分類されるビタミンB群の仲間で、自然界の多くの食材に含まれます。葉酸と言われるように葉物野菜に多く含まれますが、それ以外の多くの野菜や果物、肉や魚、海藻類など様々な食材に含まれます。

しかし、水溶性で水に溶け出てしまうという性質や熱に弱いという性質を持っているので、加熱すると摂取できる葉酸の量は、かなり減ってしまい、思うように摂取できない場合があります。また、一度にたくさん葉酸を摂取しても、尿と一緒に排出されてしまうので、毎日適量を摂取する必要があります。

葉酸が妊婦に多く必要な理由

葉酸は、妊婦にとってもお腹の赤ちゃんにとっても重要な栄養素で、積極的に摂取する必要があります。

胎児の健やかな発育を促す

妊娠前から妊娠初期の母体は、赤ちゃんを作るために細胞分裂を頻繁に行い、通常の約2倍の葉酸が消費される状態にあります。特に妊娠7週目までを「細胞分裂期」と呼び、ママのDNAから分裂・増殖した細胞が、胎児の脳や脊髄、内臓などを作っていきます。

その細胞分裂や増殖に、葉酸は重要な働きをしています。葉酸は、たんぱく質や細胞を作る時に必要な核酸(DNAやRNA)を合成し、細胞の生産や再生を助けたり、体の発育を促してくれたりします。この胎児の体を形成する大切な時期に葉酸が不足すると、先天性の異常をまねく可能性があり、神経管閉鎖障害の発症リスクが高まると言われています。

したがって、厚生労働省はサプリなどの栄養補助食品から1日400㎍の葉酸を摂取することを勧めています。

妊婦の貧血予防

また、妊娠中は貧血になりやすい状態にあります。妊婦は胎児に栄養を送る必要があるため、循環血液量が増え、血液が薄くなって貧血の症状が出やすいのです。葉酸は、「造血のビタミン」と呼ばれ、ビタミン12と同様に赤血球の生産をサポートする役割を持ちます。妊娠中に鉄分不足を指摘されることはよくありますが、葉酸をしっかりと摂取することでこの問題も解決してくれます。

葉酸についてのまとめ

この他にも、葉酸には病気の予防などにも効果があると言われ、一生を通して積極的に摂取すべき栄養素です。妊娠中には、妊婦自身の体だけでなく大切な赤ちゃんの体にも気を遣う必要がありますので、意識して葉酸を取り入れて、元気な赤ちゃんを育てていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする