妊娠中毒症(妊娠高血圧症候群)とは?母体や胎児へのリスクは?

妊娠中に気を付けたいトラブルの一つに妊娠中毒症があります。妊娠中毒症は悪化すると、母体や胎児の命にも関わるので、医師から診断を受けた時に備えて、きちんと知っておく必要があります。

そこで今回は、妊娠中毒症とはどんなトラブルか、原因とそのリスクについて紹介します。

妊娠中毒症とは?

妊娠中毒症は、正確には「妊娠高血圧症候群」と呼ばれ、妊娠中に必ず一度は耳にする症状です。具体的には、妊娠20週以降に高血圧が見られ出産後12週までに血圧が正常に戻る場合、もしくは高血圧に尿たんぱくを伴う場合のどちらかに当てはまり、かつこれらの症状は妊娠が原因になっている場合を妊娠高血圧症候群と診断されます。

診断を受けると、出産まで尿中のたんぱくの量や血圧の上昇を注意深くチェックしていくことになり、最悪のケースでは、母体や胎児の命のリスクも高まると言われています。

妊娠中毒症の原因について

妊娠高血圧症候群の原因は、はっきりと分かっていませんが、最も有力と考えられているのは、妊娠初期の段階に胎盤の血管が正常とは異なった作られ方をしてしまうという説です。

しかし、なりやすいとされる人はいくつか報告されており、高齢や若齢の人、初産の人、肥満ぎみの人、元々高血圧症状がある人、多胎妊娠の人、歯や尿の感染症にかかっている人は発症率が高くなっています。

母体への影響は?

この病気を発症するのは妊娠32週以降が多いのですが、最も重症化しやすく注意が必要なのは「早発型」と呼ばれる32週未満で発症した場合の人です。重症化した場合にはいくつかの病気が懸念されます。

肺水腫

血管が収縮し、血流が滞ることで水分が血管から染み出てたまりやすくなります。そのため、肺や胸、お腹などの臓器に水が溜まり、低酸素血症となって呼吸困難が現れます。

脳出血

血圧が高くなることで脳内に血液が一気に流れ込み、むくんで痙攣を起こすことがあります。脳内のむくみがひどくなると、脳出血を起こし、最悪の場合には母子ともに命が危険な状態になります。

HELLP症候群

妊娠後期から産後に発症しやすく、血液の中にある赤血球が破壊されて肝臓がうまく機能しなくなる病気です。血液が固まりにくくなり、内臓がうまく働かなくなるので肝機能障害や溶血を伴う異常が起こります。

胎児への影響

妊娠中毒症によってリスクを伴うのはお母さんだけではありません。お腹の中の赤ちゃんも様々な影響を受けます。

胎児発育不全

胎盤や子宮内の血流が悪くなるので、胎盤から十分な栄養や酸素が胎児へと渡らず、赤ちゃんは発育が悪くなります。

低出生体重児

妊娠週数に見合った大きさまで成長せず、緊急帝王切開などで出産することもあるので、2500g以下と通常よりも体重が少ない赤ちゃんが産まれるケースが多くあります。

子宮内胎児死亡

十分な酸素が行き届かず赤ちゃんが呼吸困難に陥り、最悪の場合、お腹の中で赤ちゃんが亡くなってしまう可能性があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする