葉酸サプリはいつからいつまで必要?妊娠前も摂取するべき!?

妊娠中は葉酸をとりましょう!というのはよく聞きますよね。葉酸サプリを勧められて飲んでいる人も多いと思います。

その葉酸が必要なのは実は妊娠中だけではないんです。妊娠を望んでいる人も積極的に摂取しておきたい栄養素になります。

ここではそんな葉酸の摂取する時期について、詳しくご説明したいと思います。

妊娠中に葉酸が必要な理由

035_400

葉酸はお腹の中の赤ちゃんの細胞を作り出すのに必要不可欠な栄養素です。特に妊娠4~6週は赤ちゃんが形成される大切な時期ですから、食べ物やサプリから積極的に葉酸を摂取する必要があります。

またそれ以降も葉酸は必要になってきます。赤ちゃんの発育だけではなく、中期や後期はお母さんの健康をサポートする働きもしてくれます。赤ちゃんに栄養が優先して送られるため妊娠中の人は貧血になりやすいのですが、葉酸が不足した血液を作り出しお母さんの健康を保ってくれます。

妊娠前にも葉酸は必要!その理由とは…?

葉酸は不足すると赤ちゃんの障害や奇形などの先天異常を引き起こすと言われています。妊娠前から葉酸を充分に摂取していれば、これらの病気のリスクを下げることができると言われています。

少なくとも妊娠が発覚する1か月前には摂取しておきたい栄養素です。現在 妊活中という人は意識して葉酸を摂取するようにしましょう。

出産後も必要!?授乳中の葉酸の働き

先にも述べましたが、葉酸は血液を作り出す栄養素の一つです。母乳は血液を元にして作られるため、授乳期も健康な血液を作り出す葉酸が必要になるのです。

妊娠中ほどたくさん摂取する必要はありませんが、授乳が終わるまでは意識してとることをおすすめします。

1日にどれくらい葉酸は必要?

妊娠前、妊娠中は1日400~440µg(0.44mg)の葉酸の摂取が推奨されています。授乳期は340µg(0.34mg)が目安です。

普通の食事で不足は起きにくいとされていますが、妊娠を計画している人・妊娠中・授乳中は多めにとらなければいけないことからサプリでの摂取が推奨されています。

食事で摂取できる葉酸は熱に弱い、水に溶けやすいなどの性質を持ち、調理する過程で量が減ってしまい吸収率も低くなります。ですから食事とサプリをうまく組み合わせて葉酸を摂取していく必要があります。

葉酸をうまく取り入れて健康なマタニティーライフを!

赤ちゃんの成長とお母さんの健康な体を維持するために葉酸は欠かせません。妊活中の人も、妊娠に備えて赤ちゃんが健康に育つ体の準備をしていきましょう。

食事やサプリでの葉酸摂取、ぜひ妊活に取り入れてみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする