葉酸が足りないとどうなるの?葉酸欠乏症について

葉酸は妊婦さんにとって大事な栄養素としてしられています。特に、妊娠前2-3か月~妊娠初期の間は細胞分裂の手助けをするために、積極的な葉酸の摂取が推奨されています。

では、この葉酸が足りないとどのようなデメリットがあるのでしょうか?

葉酸は赤ちゃんにどのように影響するの?

葉酸は細胞分裂を助ける働きを持ちますが、妊娠初期の細胞分裂がさかんな時期に葉酸が不足すると胎児の先天性疾患の危険性が高まると言われています。妊婦さんに葉酸が推奨されている一番大きな理由はこの先天性疾患のリスクを少しでも減らすためです。

妊娠初期段階の女性が葉酸欠乏症におちいると、胎児の成長に悪影響が出てしまいます。神経管閉鎖障害などの神経管の発育不全になってしまうリスクが高まります。

葉酸欠乏症ってなに?

葉酸欠乏症とはその名の通り、体内の葉酸が不足してしまう事です。これにより、赤ちゃんの先天性疾患のリスクが高まる事の他に、妊婦さん自身にも影響が出ることがあります。

巨赤血球性貧血について

葉酸は造血ビタミンとしても知られています。貧血と言えば鉄分不足が一番に思い浮かびますが、貧血には葉酸不足が影響している事もあります。

葉酸不足の影響で引き起こされる貧血を巨赤血球性貧血といい、悪性の貧血です。骨髄中の赤血球が肥大化してしまい、結果赤血球が上手く作られずに酸素を運ぶことが出来なくなります。そのため、酸欠状態が引き起こされるのが巨赤血球性貧血です。

症状は鉄分不足時の貧血とほとんど同じで、めまい、立ちくらみ、頭痛などの症状が現れますが、貧血=鉄分不足という知識を持っているため、なかなか上手く自己判断することが出来ません。

通常は葉酸が極端に不足してしまう事はそれほどありませんが、妊娠時は通常時の倍近くの葉酸が必要となるため、巨赤血球性貧血は妊婦さんに起きやすい貧血症状です。

葉酸はなぜ不足してしまうの?

葉酸は食品中に広く分布される栄養素ですので、日本では健康的な食生活を心掛けていれば不足する事は考えにくいです。不足する理由としては、食生活のみだれ(ジャンクフード)や過剰な飲酒が考えられます。

アルコールには葉酸の吸収を阻害してしまう働きがあるので、葉酸不足が気になる方は過剰なアルコールの摂取には気をつけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする